会社の場合は民事再生

個人で借金をして、返済が難しくなってしまった場合には、それほど高額になるとは限りませんので任意整理で十分な場合もあるでしょう。しかし、会社で借金の返済が難しくなってしまった場合には、かなり高額になっていることが多いのです。そのため、会社の場合には任意整理を行うケースは少なく、通常は民事再生を選択することが多くなっていると言えるでしょう

民事再生は自分たちだけで行うことはできないので、通常は弁護士に相談をするようになります。大手企業やある程度大規模な中小企業であれば、専任の弁護士がいることも多いので、専任の弁護士に相談をするようになるでしょう。しかし、かなり小さな会社や個人事業の場合には、専任弁護士がいない場合も多いため、まずは弁護士探しから行うようになります。

取引先に弁護士を紹介してもらうわけにはいかないので、できる限り誰にも知られないように探す必要があるでしょう。もちろん信頼できる弁護士であると同時に、債務整理にも詳しい弁護士であることが条件です。近年はインターネットで探すことが多いので、よく情報収集を行っておきましょう。できれば会社の経営を始めたときに、万が一のことを考えて、弁護士を探しておくのがよい方法です。