民事再生手続きの流れ

民事再生を行いたい場合には、まず弁護士に相談をします。その上で手続きを進めるとなった場合には、申立書や添付書類などを用意して、裁判所に提出をすることになります。ここで予納金が必要になってしまうので、あらかじめ知っておきましょう。基本的に書類は弁護士が用意してくれますが、自分自身で用意して記入することも可能です。通常は弁護士に頼むことが多いでしょう。

裁判所に書類一式を提出すると、保全処分の決定が行われます。この状態になれば、業者が借金の取り立てができなくなるので、一時的に安心できるでしょう。このときに、なぜ民事再生を行うまでになってしまったのかという説明会が開催されることもあります。特に会社の場合には、必ず行われると思ってよいでしょう。それから財産評定や業務の状況などの報告を行います。

このときに裁判所が再生の手続きを行っているはずです。さらに債権認否書を裁判所に提出しなければいけなくなるのですが、これも弁護士に任せてよいでしょう。それから今後どうするのか、どのように借金を返済していくのかという計画案を作成します。この再生計画案をもとに決議を行い、可決されれば民事再生が完了です。ただし、個人で行う場合には、もっと手続きが簡略化されるでしょう。